06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

晴れときどき大暴れ。

破れた地図の、その向こう側へ。

おすすめ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

旅へ。 

先週、連休を取って熱海へ行ってきた。当初は年度末のバタバタを越えて4月に予定してたんだけど、思いのほか忙しさが続いた。5月半ばでようやく仕事が切れた、1週遅れのゴールデンウィークみたいな感じだ。
0IMG_0029.jpg

小さい頃に家族や親戚と旅行に出掛けた事はあるが、大きくなってからは泊まりがけで旅行に行った事が無い。あるのは修学旅行で広島、奈良とか、ツアーで大阪、名古屋、神戸、取引先とのお付き合いの慰安旅行で伊東(これは仕事の範疇)、あとは田舎に帰省する際に宿を取るくらい。純粋に旅行目的で出掛けた事が無かった。
もう10年くらい前から漠然と旅行に行きたいと思っていて、かといってどこに行けばいいのかも解らず。観光にもあまり興味が無く、浮かぶのは温泉くらい。でもどの温泉に行きたいとかそういうのも無い。音楽と、くだらない遊びと散財くらいしかして来なかった事を振り返ればまったくつまらない人生を送ってきたなと思うよ。

初めて自分で決めて自分で宿を取った。どうしても今行っておきたかった。遠過ぎず、近過ぎず、それでいて周りに何も無く日常を忘れられるような場所。色々調べて熱海の下多賀というところにした。ちょうど熱海と伊東の中間くらいのところだ。のんびり高速で2時間ちょっと、海岸から少し離れた小高い丘の上に宿はあった。
部屋に檜の露天風呂が付いたこぢんまりとした部屋で、窓の外には相模湾と向川岸に熱海の町並みが観えた。他に大小2つの露天風呂があって、お陰で温泉三昧だった。普段はカラスの行水だから、ここぞとばかりに湯船に浸かりまくった。こういう時間の使い方が贅沢と言うのだろうか、チェックインからチェックアウトまでダラダラと宿で過ごした。
IMG_1076.jpg
0IMG_1079.jpg

帰り道、高速の分岐を乗りそびれた勢いでそのまま江ノ島へ寄った。ここは嫌いじゃない。でもこの日猫は居なかった。

0IMG_1097_20140520020509a94.jpg

少しだけ日常を忘れられた。帰ればまた日常が戻ってくる、それにひとつずつ向き合って行かなくちゃならない。そう、誰でも当たり前にやっている事、俺だけが出来て来なかった事。



内陸で育った俺にとって、昔から海は特別な物だった。海沿いに住みたいとか、泳ぎたいとかそういう感じではないけど、ただ海が観たいとよく思った。それが何故なのかはよく解らない。今、海を観ると胸がきゅうっとする。それが何故なのかは、



人もモノも変わりゆく。姿を変えカタチを変え、想いや心も時と共に少しずつ変わってゆく。

俺だけが変わらずにいる。まだ変われずに、いる。
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/20 Tue. 03:02 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryojirocks.blog.fc2.com/tb.php/1116-8ece3649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。