06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

晴れときどき大暴れ。

破れた地図の、その向こう側へ。

おすすめ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

遥か彼方に。 

他人にあまり興味が無い俺ですが、この頃よく人を観察しており。

ミュージシャンやアーティストってなんていうか自己主張があって「俺だ俺だ」的なところが強いというか。まず自分みたいな。その傾向が人一倍強い俺ですが最近はそゆ感じでもなく。なんも考えてないと言った方が近いか。そのせいか周りの人の行動や言動がよく見えるというか。周りと言っても自分の行動範囲内の小さな世界での話ですが。

音楽を創る人、音楽を奏でる人、
どんな思いで創っているのか
どんな気持ちで演奏しているのか
とか
何故主張したいのか、とか。
そんな風に観てたりかすかに観えたりする。

働く人達、すれ違う人々、立ち寄ったガススタンドの丁寧な店員さん、
昼メシを食べたラーメン屋のバイト店員達の会話、
笑い話で周りを和ませながら自ら率先して働く工務店の社長、
色んな人達がいて、色んな思いを持って仕事をしていて
うまく言えないけど人間は気持ちで動く生き物なのねと今更。

今日は府中のとある駅前で仕事をしてた。昼メシを食いに入った中華屋で同郷で同い年の旧友とばったり会った。同じく仕事の昼休みであろう同僚と2人で隣のテーブルに座ってた。
向こうは俺に気が付いておらず同僚と仕事の話に花が咲いていたので、敢えて邪魔をせず向こうがテーブルを立つ際を見計らって声を掛けた。驚いた彼の顔はすぐ笑顔に変わった。仕事場が最寄りだったらしい。俺が居るなんて思いもしなかっただろう。じゃあまた、とレジに向かった後で彼はもう一度俺のところに戻って来て「ライブがある時また連絡してよ」と声を掛けてくれた。

彼が忙しくしている事は前から訊いていたし彼の周りからも訊いていた。仕事の合間、昼メシを食っている場面に出くわしただけだが、彼の生活の一部を垣間見れた気がした。同僚との仕事の話、掛かって来た電話への対応、俺が観たほんの10分程度の時間。それだけで伝わってくる感じがあった。頑張っているんだなあと感じた。

この前入ったラーメン屋ではアルバイト店員の会話の中に仕事に対するプライドを感じたし、現場に資材を搬入しに来た運送屋さんは急いでいるにも拘らず丁寧な説明と笑顔も置いて行った。「いやー勘弁して欲しいわー」と言いながら早朝から誰よりも早く現場に来て段取りをしていたのは元請けの社長だ。

みんな頑張ってる。それを当たり前に続けてる。頭が下がるよ。

身勝手で酷いヤツが多いしギスギスしてクソみたいな世の中だけど、落ち着いて周りを見渡すと良いお手本もたくさんあるし、結構身近にもいるものだね。

俺はまだまだですね。人としてまだまだです、残念だが。

心から笑っていいのは頑張った人達だけだと思うの。
まだまだ果てしなく遠いですねぃ。


スポンサーサイト

Posted on 2014/04/22 Tue. 22:41 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryojirocks.blog.fc2.com/tb.php/1111-5c9e92cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。