05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

晴れときどき大暴れ。

破れた地図の、その向こう側へ。

おすすめ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

スドートシヒコ。 

何も考えられないし、何も出来ない。
いや、ずっと考えてる。そればかり考えてる。
俺、たぶん今普通じゃない。

6月15日、盟友ベンベナッツのベーシスト、数藤 俊彦が
持病の喘息から来る心臓発作の為、亡くなりました。
彼を知る皆様、どうかご冥福をお祈りください。


俺とあいつは15年来の友達で、音楽でもプライベートでも親交があった同い年の仲間だった。


20代、対バンで知り合い仲良くなったバンドSATORI、そこに大作とトシヒコが居た。すぐに仲良くなって遊ぶようになった。大作は戸塚に住んでいて、遠いから時々しか遊ばなかったけど、トシヒコとはしょっちゅう遊んでた。あの頃はよく飲んでたな。あいつのうちにも時々遊びに行ったし、うちにも来た。

ダニー・ハサウェイを教えてくれたのもあいつだ。几帳面なヤツで、MDにダビンクして丁寧にラベルを書いて渡してくれた。ビートルズやストーンズのレア盤も聴かせてくれた。

うちで飲んで、俺が先に潰れてしまって、目が覚めたら体中ガムテープでグルグル巻きだった事もあった。ふと玄関の方を観ると、トシヒコがクスクス笑いながらこっちを覗いてた。このやろー!!ってガムテを引きちぎって追いかけたら、キャーキャー言いながら笑って逃げてったっけ。そのまま戻って来なかったな、終電無いのに。あの頃はまだ元気で走り回っていたな、あいつ。

バイクで事故って、ハンドルがぐにゃりと曲がったバイクでそのままあいつの部屋に遊びに行った事もあったっけ。両膝を打撲したから階段が上れなかったな。

当時、俺は仲間のヒロと2人でエアコンの仕事を立ち上げて、トシヒコもそこで一緒に働いてた。あの頃俺は不真面目で、ヒロに全部任せて辞めちゃったんだけど、トシヒコはその後もずっとその仕事をしてた。

30歳を越えて、あらためて自分で仕事を始めてから、うちも手伝いに来てもらってた。月に何度か一緒に現場に出た。仕事を取って来たはいいが俺は勘が鈍っていたので、あいつが居るのは心強かった。お互い黙々とやるだけなのに、一緒に仕事をするのは楽しかった。

喘息が悪化して、空調関係の仕事を辞めて飲食関係の仕事を始めた時は、もう一緒に仕事をする事がないと思うと少し寂しかったな。新しい仕事を楽しんでるあいつを観るのは嬉しくも寂しくもあった。だからその店には1度しか行かなかった。

その後は代々木Bogalooのスタッフとして働いてて、LIVEではちょくちょく会ってた。けど、少し疎遠になってしまってたな。

それまで、あいつに会う度に、
行くトコ無えならうちで働けよ、とか
ちゃんと医者行けよ俺達もう若くねえんだから、とか

俺、少しうるさかったかも知れない。

おせっかいかな?とか思って、ちょっと距離を置いたりした。



うるさくし続ければ良かった。


15日の夕方、俺は何も知らずに仕事帰りに部屋へ様子を観に行った。調布での仕事の帰りだったけど、だいぶ遠回りだったけど、しばらく前から携帯も繋がらないし、体調が良くない事を聞いていて心配だった。

ノックしても、呼んでも出て来ない。出たくない心境なのか、ただ出掛けているのか。外で30分程待って、仕方無く帰る事にした。また来るわぁ、ってドア越しに声を掛けて、ビニール袋にコーヒーやお茶を入れて、ドアノブに掛けてその場を後にした。

連絡を受けたのは、その数日後だ。

もっと早く行けば良かった。前の日に行っていれば違ったかも知れない。そう、前の日も行こうと思えば行けたんだもの。
きっと、俺はずっと後悔し続ける。

連絡を受けた翌日、大作と部屋に行き、遺品を整理して来た。あいつの居ない部屋。そのままの部屋。つい最近まで生活してた部屋。

何の実感も湧かなかった。死んだなんて思えなかった。
でも、もう存在しないという現実だけは突きつけられた。

辛かっただろうなあ。
苦しかっただろうな。
寂しかっただろうな。

生きたかっただろうな。


俺はあいつの事が好きだった。あいつが俺の事を好きなのも知ってた。親友だったのかな、、、俺に親友が居るなんてピンと来ないけど、もしかしたらそうだったのかも知れない。

一緒にバンドやろうぜ、って言ったのになあ。
ベンベ休んでる間に、何かやろうぜ、って。

また一緒に仕事がしたかったなあ。
口が酸っぱくなるくらい、小言を言いたかったなあ。

あいつがマイヤーズを飲むようになったのは、俺の真似だからね。
また一緒にマイヤーズ飲みたかったなあ。


寂しいなあ、寂しいよ。会いたいよ。


見守ってくれてるなんて思えないし、思いたくない。
だってもう居ないんだもの。何も感じないもの。

レイジの時は覚悟出来てた。知ってたから覚悟してた。直前にも手を握りに行ったし、お別れも出来た。レイジの事だから今頃あちこちフラフラしてんじゃねえか?って言えた。

そんな事言えないよ。まだ受け入れられないよ。

なあ、遊ぼうよ。飲みに行こうよ。一緒にスタジオ入ろうよ。
ガムテでぐるぐる巻きにされても、もう怒らないよ。

またいつもの調子で笑ってくれよ。

いつもの引き蘢りでした、って、早く出て来てくれよ。

頼むよ。


SH010233.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2011/06/30 Thu. 16:08 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

届かなかった手紙。 

人生は、まさかと突然の連続だ。

悔しいけど、未来は誰にも観えない。

その先に何が待ち受けているかなんて
誰にも解らない。

その時になって初めて知るし
現実を突きつけられる事になる。

こんな事なら、と
知っていたら、と

何を言っても起きた事は変わらない。

未来は現在になり、そして過去へと流れて行く。

唯一、俺達に出来る事は、
そのひとつひとつから学ぶ事。

でも、あの日誓ったはずなのに、
俺は何も学んでいなかった。

前を向いて行こう、なんて言えないよ今は。

今は何も考えられないよ。

写真の中に居る俺達は笑ってる。
いい笑顔で映っている。

未来を映すカメラが欲しい。
それがあれば誰も悲しい思いをしないで済む。

届かなかった手紙

渡せなかった想い

もう一度だけでいい、逢いたい。

笑い声が聞きたい。

Posted on 2011/06/26 Sun. 22:27 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

その理由。 

本当は、もう音楽を辞めようと思ってたんだ。

俺の役目はもう終わったんじゃないかと。
あの日、音楽から離れた時と同じように。

俺は音楽が大好きだ。歌が大好きだ。
大好きで大好きで、辛いんだ。

だから、もう背負った荷物を降ろそうと思った。

きっと楽になれると思った。
これから先の事はゆっくり考えようと思ってた。

なのに、どうしてくれるんだよ。
なんて事してくれるんだ。

辞められなくなっちまったじゃねえか。

俺達にまた、抱えて行くものが増えた。

ばかやろう。

ほんとに大馬鹿野郎だ。

Posted on 2011/06/26 Sun. 14:17 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

Absence 

俺は泣いた事がない。多分、ほとんど無い。

泣かない、のではなく、泣けない、のだ。
涙が流れるものだと言う事も忘れてしまった。
最後に涙したのはいつの事だろうか。

俺が歌う時、よく雨が降る。
俺の代わりに空が泣いてくれてるんだろうか。

もし、俺の目から涙が流れたとしたら、
それは偽善だから信用しないで。

空っぽの部屋のドアをノックする
向こう側には誰も居ないのに
俺は知らずに、繰り返しノックする

確かに向こう側に居るような気がしたんだ
いや、居て欲しいという願望かも知れない

陽はまた昇り、沈む。その繰り返し。
俺達もまた、日常を繰り返す。
何も知らずに、日々を繰り返す。

日めくりカレンダーはあの日止まったまま。
俺達の時間は進んでいるというのに。

ドアをノックする音だけがこだまする。

これ以上言葉に出来ないよ。

それでも、俺達は何かをやらなくては。
それでも、俺達は進まなくては。

代わりに俺達がカレンダーをめくろう。

Posted on 2011/06/20 Mon. 21:22 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

緑が溢れるように。 

長い旅の果てに辿り着いたのは、
たくさんの笑顔がある景色だった。

ちょっと疲れたな、とりあえず座ろう。
また歩き出す為に力を蓄えなくちゃ。

0DSCF7720.jpg

来場御礼です。



WONDER DRIVE (Type 0) are

RYOJIROCK (Vo&G)



Adittional Musicians :

奥山"GEN"源記 (Bass)

藤沼"JINU"啓二 (Drums)

黒田"YOSSY"佳宏 (Drums)



Guest Musician :

大政和寛(Guitar, from Leno)


0DSCF7683.jpg 0DSCF7684.jpg
0DSCF7689.jpg 0DSCF7731.jpg


ありがとう。みんなありがとう。




駆け付けてくれてありがとう。
最後まで見届けてくれてありがとう。


0DSCF7702.jpg


WONDER DRIVEを愛してくれてありがとう。

0DSCF7722.jpg


皆が居てくれたから、ここまでやって来れた。
みんなが俺に少しずつ勇気と力を分けてくれた。


0DSCF7823.jpg

感謝してます。みんな愛してるよ。

0DSCF7816.jpg


0DSCF7829.jpg


この日の事はずっと忘れないよ。

0DSCF7688.jpg

また逢おうね。




0DSCF7841.jpg





FC2 Blog Ranking
クリックで投票。

Posted on 2011/06/10 Fri. 20:23 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

あなたが居るから。 

あなた方が居なかったら、WONDER DRIVEは続けて来られなかった。

きっと最初は、自分の歌う欲求を満たす為にLIVEがあった。
でも、いつからかそれは、そこに居る誰かの為のものになった。
ワンドラの音楽を信じてくれる人が居る、それが至福の喜びになった。

あなた方が必要としてくれるから、俺達はここに立っていられる。
とびきりの笑顔とか、涙とか、今までどれ程見せてもらったんだろう。

どれだけたくさんの勇気をもらって来ただろう。

ワンドラを必要としてくれて、ありがとう。
ワンドラの歌を可愛がってくれて、ほんとにありがとう。




FC2 Blog Ranking
クリックで投票。

Posted on 2011/06/09 Thu. 23:14 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

俺が弾く。 

こいつが居なかったら、俺はとっくに歌えなくなってたかも知れない。
くすぶってた俺の心に火を点けてくれた。

アンタはもっと出来るはずだろ、歌え、ギターは俺が弾く。

俺の勝手に付き合ってくれてありがとう。
いつも俺のケツを叩いてくれてありがとう。

000201104140009.jpg


FC2 Blog Ranking
クリックで投票。

Posted on 2011/06/09 Thu. 16:49 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

背中で感じる熱。 

こいつが居なかったら、ここまで突き進んで来れなかった。
別のバンドで苦楽を共にした仲間。
ワンドラにドラマーが2人居る意味は彼の存在にある。

俺ならこう叩く、こう表現したい、と心を尽くしてくれた。

俺のワガママに付き合ってくれてありがとう。
どんな時も笑顔で応えてくれてありがとう。


00DSCF7753.jpg


FC2 Blog Ranking
クリックで投票。

Posted on 2011/06/09 Thu. 16:43 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

役割。 

こいつが居なかったら、きっと俺がやりたい事は出来なかった。

公私共に俺を支えてくれた。自分の役割を心得てたんだ。

いつも俺の勝手に付き合ってくれてありがとう。
あの日、ワンドラでベースを弾かせて欲しいと
メールをくれて、ありがとう。






FC2 Blog Ranking
クリックで投票。

Posted on 2011/06/09 Thu. 16:37 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

俺の背中を押した。 

この人が居なかったら、ワンドラはここまで来れなかった。
この人が居なかったら、俺はもう歌っていなかったかも知れない。

俺のワガママにいつも付き合ってくれてありがとう。
あの日、俺の背中を押してくれてありがとう。



本番直前、楽屋にて。

Posted on 2011/06/09 Thu. 15:08 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

プロフィール

リンク

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。