02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

晴れときどき大暴れ。

破れた地図の、その向こう側へ。

おすすめ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

必死さの違いが疲労度に表れる、と。 

ワタシんトコの業界、年度末は毎年地獄のような忙しさであります。清掃、クリーニング業者はどこも皆大変な事になっている時期です。引越シーズンですからね、ハウスクリーニングなんか特に仕事の依頼が量が多すぎてシャレにならないですよ。
おかげさまでワタシんトコも類に漏れず地獄絵図のような状態でございます。3月は休みがありません。しかも時間問わず仕事の電話が鳴りまくり、朝から晩まで働いている訳です。リハーサルの日は無理矢理仕事を止めて帰ったり。ま、親方だから出来る技ですがね。
しかしさすがに疲れが半端じゃない。寝ても全然取れない。風呂に浸かってマッサージして、低反発ベッドパッドなど敷いて寝てもダメ。足にきてます。背中も痛いです。

特にこのところやっている仕事がかなりヘヴィなのですよ。男性寮丸ごと一棟。18日から始めて(ちょうどPSE法反対デモの日、この日はデモの為に早く切り上げた)今月30日までに約35部屋とエアコンの高圧洗浄が約40台分。その間3日間はほかの仕事が入ってて完全に空ける事に。フツーにやってたらまるで終わらねえ量ですよ。1日1人あたり1.5部屋くらいのペースが普通なんだけど、これじゃ間に合わない。かといって手抜きするのは嫌だし。ウチは安くても仕事の丁寧さと仕上がりの良さが売りなんでね。そうなるといかに効率よく仕事をこなすかが肝になってくる訳で、3人とかで上手く分担してこなしていこうと。ところがいざ始めて見ると、色々と問題が。元請けからの指示書に書いてある部屋が間違いだったり、内装屋さんが遅れていたり。クロス屋さんが張り替え終わってないとクリーニングが出来ないんだけど、クロス屋さんは1人で1日1部屋ペースでやってたりするからすぐ追いついてしまう。仕方がないから指示書を無視して現場で寮長と打ち合わせしながら、依頼の上がって来ていない部屋でもクロスの張り替えがない部屋で即クリーニング出来る部屋はやってしまおうと言う事に。リストを作るとそこそこな部屋数になりまして、もう出来る部屋は全部キメてしまおうと。じゃないと月末大変なことになりそうで。
とにかく洗う、拭く、磨く。休憩を取ると動けなくなってしまうから、お昼まで休まずにサッシを洗い続ける。必死ですよ、必死です。少しでも早く進めなきゃと必死で動きます。もうひとつひとつの動作に気が抜けない。移動も小走りに。朝9時から夜8~9時までハードなダンスしながら走り続けるようなモンです。帰り道ジャイロを運転しながら気が遠くなる訳です。部屋についたら気を失うように眠るのです。
しかしあれだね、人間てやれば出来るもんだね。早死にしそうだね。人が足りないんでね。他の現場に一人出してるんでね、残り俺を含めて3人。
これが数日間続いています。きっと月曜からは徹夜になるかな、泊まれるしな、、、。
24時間態勢でやってくれて構わない、なんて無責任な事も言われてるしなあ、、、。
あと5日間。残り20部屋、エアコン23台。




無理だから。
スポンサーサイト

Posted on 2006/03/25 Sat. 23:51 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

蚊帳の外から蚊帳の中へ。 

PSE法反対デモ行進に参加してきました。
コースは高円寺から中のサンプラザ前までの約3.7km、仕事があったので14時の集合時間には間に合わなかったけど、東高円寺の辺りで途中から合流しました。
PSE170.jpg


持参したプラカードを持って。木原さんと。
PSE1.jpg


木原さんはチャリで参加。
PSE3.jpg


初めて参加したデモ行進。持参した薄っぺらいプラカード2枚をテープでとめて筒状にして頭にかぶって行進した。そしたらカメラマン風の男性が「写真撮らせてください」と言って来たので、いいっすよ、と。ボケーっとした顔でいたところを撮られた。撮影した後、彼は「週刊プレイボーイです」と挨拶してどこかへ行った。来週あたり記事に写真が出てたら笑っちゃうね。
PSE2.jpg


様々な人々が集まった。アンプをしょってる人や炊飯器を片手に行進する人、「PSE」とスプレーでペイントした中古洗濯機を台車で押す人。皆それぞれ想いがある。
PSE4.jpg



サンプラザ前に到着して公園で待つ事15分、ようやく曽我部恵一氏が到着!デモ行進には間に合わなかったが、3曲を熱唱。マジカッコいい。
PSE5.jpg


「警察の人もご一緒に!」みんなで大合唱。
PSE6.jpg


以前、デモ行進する人々を通りすがり端から見た事があった。今日はその行列の中から周りを見ている。関心を示す人、無関心な人、野次馬、冷ややかな目で見てる人。俺もその時はそんな風に観ていたんだろう。しかし今回は違う。当事者の一人になってみて初めて感じる事もある。
誰かがやってくれる、以前はそんな風に思ってた。でも何かに疑問を持ったり、何かに反論したり、何かを訴えたり、そんな時には行動を起こすべきなのかもしれない。一人一人の力なんて微々たるものだけど、「自分にも何か出来るかもしれない」「自分も参加してみたい」そんな気持ち一つで大きい動きになる。簡単に変わるとは思わないけど、そこに参加する事に意義があるのかもしれない。約150人、たいした数じゃない。それでも多くのカメラマンやテレビ局の記者などが関心を寄せていた。この問題に関心を持つ人が少しでも増えたら良いと思う。その為のデモ行進なんだから。

少しでも変わって行けばいいね。

Posted on 2006/03/19 Sun. 16:49 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

さあデモ行進に参加するぜ! 



誉れ高き悪法、PSE法(電気用品安全法)反対デモ行進に参加するのだ。
仕事で行けないと思ってたけど、がんばって早く終わらせたのでこれから参加する。
集合時間には間に合わないけど途中から合流だ。先に行ってる木原さんとみやじー、
待ってろよ!!

Posted on 2006/03/18 Sat. 14:54 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

PSE法(電気用品安全法)について。 

PSE法に関してはミクシイの方で色々書いてるので俺の名前で検索してみて。

さてこの法律、まだ知らない人も多いかと思うが、4/1から2001年以前の電化製品は販売が出来なくなるという法律。新たに審査してPSEマークを取得しないと販売出来ない。
これが問題なのだ。リサイクルショップなどで販売されている中古電化製品の大半は2001年以前のものだったりする。それ以降のものでもPSEマークが表記されていなければ販売出来ない。中古だからとはいえ今までは普通に販売されていたもの。急に危険物になる訳でもないのに、しかもPSE以前の安全審査の旧マークが付いているものでもダメなのだ。つまり、4/1以降は中古電化製品や中古楽器が買えなくなる。売る事も出来なくなる。しかも資産価値もゼロになる。使わないものは廃棄処分するしかなくなる。これは大問題だ。元々この法案が出た時には中古製品の事は何も考えられていなかったのだ。役人たちは中古市場を無視していたのだ。金を持っているから中古は使わないんだろうな。だから庶民レベルのものの考え方が出来ないんだ。法案可決から5年間の施行猶予期間を経て、いざ4/1から施行、という前に古物商からの問い合わせで中古製品の存在に初めて気がついたらしい。じゃ中古も適用しましょうと慌てて決めた訳だ。末端の古物賞のもとへ通達が来たのは2月中旬だと言う。知り合いの業者から効いたので間違いない。この5年間何をしてたのか、と。経済産業省は通達を出して来たと言う。しかし誰もこの事を知らない。電気屋さんだって誰も知らなかったのだ。通達を出したのは多い手メーカーなどのいわゆる「製造業者」だ。それはいいとして、「販売業者」や「国民」には明確な通達や告知が何もなされていないのだ。今後生産される電化製品にこのPSE法が適用されるのはまだ理解出来る。だが、過去にさかのぼって中古に対しても適用すると言うこと自体が理解しがたい。これが通るとなると、日本中からまだ使える多くの電化製品や貴重な電子楽器などが消えて行く事になる。ヴィンテージアンプも今後は購入出来ない。マーシャルのプレキシだってマッチレスだってそうだ。貴重なアナログシンセだってそうだ。
貴重な機材や楽器が4/1から資産価値ゼロ、
国民の財産権を剥奪する世紀の極悪法としか言いようがない。

とあるリサイクルショップは4/1の施行を前に、従業員を2人解雇し、規制街頭商品を処分し店舗をたたみ、小規模の場所へ移転したと言う。この整理に200万円かかったらしい。施行前から人々の財産や人生までもねじ曲げてしまった法律だ。

坂本龍一氏が発起人となって電子楽器やヴィンテージ楽器の保護を訴える運動を行った事で、役人は慌ててその対応策としてヴィンテージものは適用除外する趣旨のコメントを出した。が、そもそもどこからどこまでがヴィンテージなのか?誰が判断するのか?中古市場の存在を理解していない役人がヴィンテージを理解出来るのか?疑問だらけだ。
それを受けていまさら冗談じゃないと憤慨するのは中古楽器店だ。仕方なく中古楽器の買い取りを中止し、在庫をセール等で赤字出品した損益は大きいだろう。店自体をたたんだところもある。
また、面白くないのはリサイクルショップ等の古物賞だ。「なぜヴィンテージだけを特別扱いするのか?」と。中古家電全般の適用除外を強く求めている。当たり前の反応だ。

リサイクル法の存在は何なのだ?PSE法はその逆の流れだ。エコロジー、リサイクル、国が法で定めて推進して来たリサイクルはいったいなんだったのだ?
PSE法はリサイクル禁止法と改名した方が良い。

さて、すてにPSEの審査法人は稼働している。新規に施設を建て、職員が働いている。この機関は定年官僚の天下り先になっているのだ。天下り先確保の為に作られた法律だと言っても過言ではない。金の流れがあるのだ。官僚の私利私欲の為に。
この問題は一見小さな問題に見えるが、試行されれば社会的な影響が出る事は間違いない。腐敗しきったこの国の政治はどこへ向かうのか?財産権を脅かし、無条件に中古市場を破壊する。まるでファシズムだ。ファシズムへの序章なのか?

非常に頭に来ている。
アッタマきてんだよバカヤロー!!


てな訳でデモ行進に参加する。

Posted on 2006/03/18 Sat. 06:55 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

答え合わせの前に。 

俺が大好きだったバンド、BAD MASSIAH(バッドメサイア)


佳曲の揃ったアルバム4枚を残し96年に解散。自分たちの音楽と業界の要望の狭間でもまれ、消えて行ったバンドのひとつ。きっと早すぎたんだと思う。今聴いても素晴らしい曲達。ロックのダイナミズムを持ちつつ、メロディやアレンジはアルバムを重ねるごとに進化、変化し、様々な色や顔を持つ曲を生み出したバンドだ。ハードロックから徐々にポップや歌謡曲寄りになって行ったそのスタイルに戸惑ったファンも多かったと思うが、俺は全て好きだ。むしろ2枚目以降(特に4枚目、ラストアルバム)が好きだ。普遍的なロック魂が根底にある。やりたい事とやるべき事の狭間で迷ったり悩んだりしたんだろう、と想像出来るが、作り込まれた曲と練り上げられたアレンジは、今の音楽界でも遜色無く聴こえると思う。結成当時はベースのジュン・グレイ(元ケントリ)が主導権を持つバンドだったようだが、2枚目以降はギターの佐野がほとんどの曲を書き、ボーカルの馬淵大成が全ての歌詞を書くスタイルになり、どんどん影響力を増して行ったようだ。佐野のセンスのある曲と繊細なアレンジ(とは言っても元COMES、ハードコアバンド)と大成の伸びやかで力強い、それでいてセクシーな声(しかも長身、長髪でイケメン)がこのバンドの売りであろう。もの凄いカリスマ性があった。
ともかく好きだった。大好きだった。解散後、大成はバッドメサイア以前にやっていたパンクバンド、SAを再結成した。その後、元ラフィンのナオキが加入、現在も活動中だ。
残念ながらSA自体にはあまり興味は無いし、バッドメサイアの彼が好きなのだが、過去を捨て原点に戻ったその姿勢はとてもステキだ。

原点、プライマリー、ステキな響きだ。それこそがロックだ。

Posted on 2006/03/13 Mon. 21:25 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

誰が為に爆音は鳴る? 

昨日は忙しかった。朝から仕事だったが、午後からレコーディングをしたかったので気合い入れて早く終わらせ、部屋に戻って「反比例」のレコーディング。ちゃけもやって来て二人でああでも無いこうでも無いと意見を交わしつつ、でかい音でベースを弾きアコギを奏でる。
その後、with bis とトランスフォーマーのライブを観に表参道FABへ。地下鉄の出口を出てFABへ足を向けた瞬間に後ろから俺を呼ぶ声。ガッツ君だった。2人して現地へ向かう。
中に入ると知ってる奴らばかり。bisのライブは久しぶりだ。トラフォに至っては何気に初だ。昔から知ってるのになかなか観る機会が無かった。
今年のbisはガンガン活動するらしい。bistacoばりに音がデカイ。ドラムがアチョーさんに変わっただけでこれはbistacoじゃないですか?ダイスケさんの唄は以前よりも強くなった。ちょっと前にdrug storeのテツ君が「ダイスケは歌心に目覚めた」って言ってたけど、ホントそうだと思う。ラウドな演奏だけじゃなく、唄が曲の世界を引っ張っている。どんどんカッコ良くなって行くなあ、、、。ギターも更に凄みがましてすげーカッコいいし。ヤベエッす。

トリはトランスフォーマー。ベースのトシとは10年前くらいからの友達で、とは言っても今までほとんど会ったりする事はなかったんだけど、頑張ってる噂は聞いてた。ボーカル桐島さんは昔俺が働いていたバーに織田さんと飲みに来たりしてた。織田さんと知り合ったのもその店なんだけどね。そんなこんなで何気に感慨深いライブ。
始まった途端、もの凄い爆音。何じゃこのバンドは?しかもすげえカッコいい。爆音、轟音、音の塊。怒濤のような勢いでドライブする。お客さんは歓喜の声、狂喜乱舞。凄いグルーヴとビートが客席を包む。凄い、凄いとしか言いようが無い。圧倒的な存在感。参りました、これがロックの力なのね。

本番終了後、楽屋にてトシとご対面。ハグして昔話に花が咲く。ついでに番号交換もしたりして。さてそろそろかと皆に挨拶して帰ろうと表に出たらダイスケさんに捕まり、打ち上げに参加。ほどほどに飲んで帰宅。帰り道の電車の中、自分にとってロックとは何ぞや?と自問自答していた。

答えは出た。

Posted on 2006/03/12 Sun. 23:58 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 2

明日はライブですね。 

自分のバンドじゃないところがミソ。ワタナベカズヒロ-スロウバウンドです。
ナベさんのソロプロジェクトです。飲み込まれる形で参加しとります。
俺の位置はスロウバウンドの「スロ」の辺りでしょうかね。適役か。
もしくは「ウバウ」もアリかと。スロでいいや、スロが好き。
ワンドラがなかなか活動できない状態でうっぷん溜まってますのでぷんぷん
明日はガギンゴギンと行かせていただきます。うおらっしゃあぁあ!!

渋谷だし近いし楽器屋に遊びに行くのだ。飲むのだ。楽しみなのはそこらへん。

Posted on 2006/03/09 Thu. 23:59 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 3

久々のレコーディング。 

チャケと2人でドラムトラックのレコーディングをしてきた。バンドでのレコーディングは久々。ここ最近は部屋でちまちまと録音してるだけだからね。
今回借りたスタジオはサブルームが付いてる。お陰でスタジオ自体をドラムブースとして使用できる。録音機材はサブルームに設置、しかも喫煙可。ありがたい。チャケがマイクを買ったので、俺のマイクと組み合わせて使ってみた。2人で機材を持ち寄るとそれなりにいい環境で録音できる。しかもセッティングも音作りもずいぶん熟れてきたので、短い時間でもそれなりに出来てしまう。今回は前回よりも良い音で録れたと思う。バカ高い機材やマイクを使わなくても、それなりの音は録れるんだな。ロックだしね、馬鹿みたいに解像度が高くなくてもいいのだ。あとは録れた音を料理する腕か。
誰かに頼も。

プロデューサーを気取るチャケ(笑)
PAP_0052.jpg
「ん~、もう一回つるっとイっとこーかぁ?」みたいな。

今回のセット
PAP_0053.jpg

Posted on 2006/03/04 Sat. 23:51 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

もう3月かよ、、、。 

ちょっと待って、時間がたつの早過ぎ。
社会の流れに付いて行けねえ。

Posted on 2006/03/02 Thu. 17:33 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

プロフィール

リンク

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。