05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

晴れときどき大暴れ。

破れた地図の、その向こう側へ。

おすすめ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

気持ちとは裏腹に。 

ここんとこずっと電話が鳴りまくってる。毎日のべ4~5時間くらい電話してるんじゃないかと思う。携帯壊したくなる衝動と戦っていますリョウジですこんにちは。

今日は渋谷の神南までお世話になっている元請けの社長さんち(正しくは事務所)にエアコンを洗いに行きました。サービスでね。明治通り沿いのユナイテッドアローズのすぐ裏にあるマンション。ここ来るといつも羨ましく思う。こんなトコ住めるかよ、ってね。彼は俺と同い年で、俺が独立する時にとても世話になった人。一見てきとーに見えるんだけど、凄い働き者で頭も切れる。(有)は伊達じゃないね。仕事に対する取り組み方も、真剣さもテキトーさも含めて俺が尊敬する人の一人だ。この前のブログに尊敬する人を並べたけど、この人も追加しておいて、忘れてたから(笑)。
お邪魔したら奥さんと10ヶ月になる娘さんもいて、娘さんとは初めて対面したので知らない人が来たとビビられてしまった。やっぱメガネかな?そんなに人相は悪く無いけどな。以前出産祝いにベビー服をプレゼントしたんだけど、あっという間にもう着れなくなったらしい。日に日に大きくなるんだね、子供って凄い。
勧められたビールを片手にエアコンを洗い、そのままピザをご馳走になり、その後彼の行きつけのお店に連れて行ってもらった。裏原宿の通りからちょっと入った隠れ家的なお店。思えば知り合って2年弱、2人で呑むのは初めてだとそんな話題から始まり、マスターの話に耳を傾け、たまたまお店に来ていたミラノ帰りのマスターの息子さんとセリエAの話題で盛り上がり、そして娘さんの話題や将来の事業の展望など語り合った。
どんな環境においても同じだと思うけど、繋がりというのは大事だ。繋がらなければ知らなかった事や聞けなかった話や、感じ得なかった思い。大切にしたい。美味しいお酒と美味しい話を御馳走様でした。

帰りがけ、酔いを醒ましながらジャイロを押す俺、路駐でタイヤに線を引かれたアルファロメオを移動する彼。こんなアンバランス感が俺は結構好きだ。
スポンサーサイト

Posted on 2005/06/30 Thu. 23:58 [edit]

自営業。  /  TB: 0  /  CM: 0

祈りにも似て。 

池袋にいます。うちのスタッフと呑んでます。結構ヘビーな話かもしれません。彼は疲れています。癒してあげなければいけません。彼がモチベーションを維持してくれる為には精神的なケアが必要です。誰よりも献身的に働いてくれる彼がいなければ、今の俺は有り得ません。もちろん他の皆もそれぞれ頑張ってくれているし、感謝してるんだよ。でも彼のように「この仕事とここにいる人たちが好きだから」と自分を殺しても仕事を全うしてくれるのは彼以外には出会う事はないと思います。
感謝してるんだ、ホントに。これからもずっと一緒に働いて欲しいんだ。

Posted on 2005/06/29 Wed. 23:50 [edit]

自営業。  /  TB: 0  /  CM: 0

ライヴを終えて。 

久々のライブだった。WONDER DRIVEとして1年2ヶ月降りに上がったステージ、初めてのハコだけど違和感はなかった。相変わらず緊張もしなかった。心の中で「ただいま」とつぶやいたら、じわじわと喜びが湧いて来た。まだまだ本調子には程遠いが、それなりに良かったと思う。もちろん課題面や反省面も見えて来たし、色々な意味で良いライブになった。これからどう転がって行くのか楽しみだ。

Posted on 2005/06/27 Mon. 06:37 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

俺たちの船出。船田? 

さて、いよいよ明日に迫った新生ワンドラのライブ。活動休止から1年と2ヶ月と2日、長いようであっという間の1年2ヶ月。

ギターのふなだ氏と出会い、一緒にバンドをやる事を確認したのが去年の8月頃。最後に参加したchakeと出会ってからほぼ半年。はやく動きたい気持ちを抑え、じっくりと準備をしてきた。その間どれだけの事が出来たかは解らないけど、バンドとしての方向性やベクトルを決めて行くには必要な時間だったのかも知れない。

俺は以前と同じように出来るだろうか?変わっていないだろうか?そんな不安を抱えていた時期もあった。でも、俺は俺。今のワンドラがあって今の俺があって、それで良いんだと思うようになった。きっと俺は変わったと思う。それが成長と呼べる物であれば良いと思う。

さて、どうなることやら。蓋を開いてみないと解らないけど、吉と出ますように

Posted on 2005/06/24 Fri. 03:02 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 1

繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し。 

仕事、レコーディング、リハ、曲のミックス、仕事、レコーディング、リハ、曲のミックス、仕事、レコーディング、リハ、曲のミックス、仕事、レコーディング、リハ、曲のミックス、仕事、レコーディング、リハ、曲のミックス、仕事、レコーディング、リハ、曲のミックス、仕事、レコーディング、リハ、曲のミックス、

死ぬー!!!!

Posted on 2005/06/19 Sun. 02:49 [edit]

産まれたのは暦の上で入梅。 

先日10日は母上の誕生日だったが、続いて11日は俺の誕生日でして、子供の頃は2日連続でイベントっぽい夕食だったりしたもんです。ビーフシチューとか好きでした。それは置いといて今年はお互いにプレゼントは無しです。母の日にバッグをプレゼントしたからそれで良しとして下さい。しかし還暦迎えた母ににMichel Kleinのバッグってのもどうかと。ま、いいか。それより俺の誕生日ですってば。

歳を重ねた事は恨めしい事ですが、とりあえずめでたい事だと思い込んで久々に代官山まで買い物に出掛けました。渋谷から150円で代官山~渋谷間の循環バスが出ていました。乗り込むと、真直ぐ代官山に向かうのではなく、旧山手通りの両脇の住宅街を巡るマニアックな路線でした。ヒルサイドテラス前で降りてぶらりと駅前まで。随分と遊びに行ってなかったのでお店の移り変わりや街の区画が整理されている事に少々驚きつつも恵比須方面まで足を運びながら久々の代官山を満喫。やべ、欲しい服増えた。

帰る前にダメもとでキル・フェボンの前まで。すでに遠くから人だかりが見えていたが、お店の前に来たところで長蛇の列にびっくり。問答無用で諦めました。東京に来て13年、未だ2度しか口にした事のないキル・フェボンのタルト。

必ずやいつの日か。

Posted on 2005/06/12 Sun. 02:45 [edit]

未分類  /  TB: 0  /  CM: 0

マザー・コンプレッ、、、サー? (母、圧縮?) 

本日10日は尊敬する我が母上の誕生日だった。俺が尊敬する人間なんてかなり少ない。他にいるとすれば元日本代表・中山雅史と昔世話になった織田哲郎先生とビスタコのダイスケさん、それくらいだ。

人を認めたくない訳じゃないんだが、その生き方に心を強く揺さぶられる事がないとその対象にはならんらしい、俺の場合。という訳で母上も然り。別にマザコンじゃないんだが、いや、男は少なからずマザコンなのかも知れないけど。

この世に生を受けて、こうやって俺が自分の人生を歩めるのは、母上が俺を産んでくれたからこそ。その時点で母にはかなわないという事を世の男共は自覚するべきだろう。150cmに満たない小柄な母が俺を産み、育ててくれたからこそであると思う。ぶつかり合い、反発や葛藤の中でいつしか理解し合う事が出来るようになり、いつしか母の偉大さに気付かされた。恵まれた人生ではなかったかも知れない。苦しみの方が多かった事だろうと思う。再三の病気やダメな親父に悩まされ続けてきた。只、俺ら子供の為に生きてきた人だった。その愛に育まれて今俺は存在する。言葉にしてしまうと陳腐だけど、言葉に出来ないくらい感謝しています。



母上、誕生日おめでとう。これからもずっと元気でいて下さい。



                          バカ息子より


Posted on 2005/06/10 Fri. 23:12 [edit]

未分類  /  TB: 0  /  CM: 2

プライベートズダジオ。 

早いとこ自宅の狭い環境から抜け出したいと引越しを計画してはや半年。計画は進み、夢は膨らむも先立つものが無い。もう限界ですこの狭さは。3年近くここに住んでいるけど、最初の頃はそれでも良かった。時が経つとともに物が増え、機材や仕事の道具が増え、出入りする人間も増え、いつしかアジト状態に。うちの強面のスタッフの面々(中身は皆優しいのよ)が集まって、テーブルを囲んで仕事の打ち合わせをする姿はまるで何かの売買のよう。ブラックなマネーが動いているかのようです。

その部屋の片隅に俺のメインマシンG4君をはじめとする機材が、L字型に配置されたデスクに騒然と並んでいる。無理矢理防音した壁には乱雑にギターがぶら下がり、ケーブル類がまるで俺の人生の如く絡み合いもつれ合いながら垂れ下がる。しかしこの約2帖程のスペースで曲が生まれる訳です。あちこちぶつかりながらギターを録音する訳です。
studio.jpg


しまいには狭い部屋で50Wのオールチューブのギターアンプを鳴らす有様。
rec.jpg


やっぱ限界。お金貯めて早く引越ししたい。

Posted on 2005/06/03 Fri. 01:12 [edit]

未分類  /  TB: 0  /  CM: 0

魂をわしづかみ。 

bis1.jpg

bistacoのワンマンに行ってきました。基本的に俺は他人のバンドを認めないんだけど(性格悪い?)ここは別格です。音楽性も人間性も含めて大好きです。ていうか人間性が音楽(とそれを取り巻く全て)を作ると俺は常々思っているのだけど。これはかなりの確率で正論だと思うよ。
前フリはさておき、非常に素晴らしいライブでした。痺れました。やっぱロックバンドってこうじゃなくちゃね。
中学1年生の時、先輩がやってたロックバンドのライブを初めて観た時の衝動にとても近いです。体を揺さぶられるような、全身電気が走るような、そんな衝撃がありました。それがきっかけで音楽を始めた訳で、俺にとって言うなれば初期衝動ですか。

これだけたくさんの人を呼び寄せる音楽、それはその人の生き様があってこそだと思うな。ライブはショウとしての要素も問われるとは思うけど、一番大事なのはその核の部分であり、魂であり、人であると思う。心を揺さぶる音楽、それこそが本物。

Posted on 2005/06/01 Wed. 00:27 [edit]

音楽  /  TB: 0  /  CM: 2

プロフィール

リンク

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。